柳楽優弥ファンブログ跡地 柳楽優弥 忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[最後の命・柳楽優弥]週刊現代

購入してきました~。
(なお、月刊オーディションは近所の本屋では売ってなくて、
大型書店が開いている時間に帰れてないので購入できていません…
amazonでぽちった方が早いか…)

週刊現代、モノクロ3ページなので、ビジュアル派はどうかなと
思いますが、テキスト派はかなり読み応えあっておすすめです!

この雑誌でも小さいころから今までを一通り振り返る形式になっています。
インタビューを再構成して一人語り風になっているので「柳楽節」は
ないのですが、デビュー前の少年時代の話などは、私も初めて聞くものが
結構ありました。

あと!ずーーーっとデビューのきっかけで語られてた
「友達がやっていて楽しそうだったから」の「友達」が女子だったという驚き!
もうずっと男の子だとばかり思ってました。
この辺りの経緯もここまで詳しく語られているのは初めてで、
読んでて、ほっほー!って感じでしたw

カンヌ受賞後の方は割と他でも語られていることが多かったんですが、
舞台のくだりがこれまた初耳のことが多くて。

台詞一度飛んだんだ!という衝撃。
それ以上にL.A.のアクターズスタジオでやったあのメソッドがいきて
台詞が飛んでも問題なくクリアできていたという衝撃!!

以前も書きましたけど、やりたいことのためにやったことに
無駄なことはないんだな…と、改めて感動しています。

で、これを読んで、私の「最後の命」の感想がちょっと語弊があったかも…と
思ったので、ちょっと補足を。

「原点」で「おかえりなさい」という気持ちになったと書きましたが、
「スタートに戻った」という意味ではなくて、
年月を重ねた分成長をして、系譜に追加された、という意味合いでした。
ベクトルの方向は同じキャラクターでも、
12歳の「何も考えず」演技をしていたところから、
24歳の「自分が今できること」を出し切って作り上げるところまで
たどりついたことに、ぎゅっとなったんだと思います。

「誰も知らない」とはかけ離れた役で評価を得るのも嬉しいのですが、
「誰も知らない」に似た括りの中で評価を得られたら、その時こそ
「誰も知らない」の呪縛から解き放たれる気がするので、
今回はそのステップの1つになりえるんじゃないかと思うんです。
…って、言いたいことが上手く伝わるかわからないですが…。

でもそのためには、いっぱい引き出しを持っておいた方がいいと思うので、
これからも普段は制限なく色んな役をやって欲しいなぁと思います。

で。
初日舞台挨拶ですが、チケットまだあるようです。
新宿
渋谷
横浜
年に何度も会えるチャンスはないと思うので、ちょっと遠い人も
この機会に生柳楽くんに会ってみませんか?
「この目の前にいる人とスクリーンに映ってる人って本当に同一人物かな…」
という不思議な感覚を味わえますw
それだけやっぱり普段と役では別人なんですよね~。

ちなみに、私は横浜と渋谷に行きます。移動もあるので挨拶程度に
なってしまうかもしれないですが、もし会いたいという方がいましたら
お気軽にフォームからご連絡ください~。

拍手[0回]

PR

[最後の命]プロダクションノート更新&公式サイト

あー、昨日書こうと思って漏れたから、今日書こうと思ったら
今日も盛りだくさんっていうね…。
本当に嬉しい悲鳴が日々続きます。

さてプロダクションノートはいよいよ柳楽くんキャスティングの回!
映画「最後の命」プロダクションノート3〜脚本とキャスティング
ちょっと抜粋
「純粋でいることは悪いことではない。たとえそれがゆえに傷ついて傷つき果てたとしても、真っすぐに生きたいと思うことは間違いではないのかもしれない」と、思春期の僕は確かにそう思えました。
柳楽さんにお手紙を書きながら、そんなことを思い出していました。柳楽さんにも似たような“あまりにピュアな美しい魂”を感じたのです。そして、それはこの「最後の命」という映画の主人公にも必要なものでした。

“あまりにピュアな美しい魂”
本当にその魂を見つけてくれてありがとうございます。
打診した頃は「許されざる者」公開より前と書かれているので、まだまだ世間的には
柳楽くんが「消えた」と思われていた時期だと思います。
あの時期に声をかけてくれた方々には本当に感謝してもしきれません。


映画「最後の命」プロダクションノート4〜映画を完成させる
こちらもちょっと抜粋を。
とにかく、この映画は「役者の映画にする」と決めていましたし
はい、確かにあの3人の映画になってました。
3人ともとてもとても惹きつけられました。

被写体の微細な動きも逃さないようにクローズアップを中心に
これも映画を観た時に印象的でした。
そして、改めて「柳楽くんてスクリーンのアップに映えるなぁ」とも。

「音楽のスタートをすべて、桂人の顔にしよう」という録音技師の尾崎聡さんに頂いた助言も、とても効果的でした。
こちらは気付いていませんでした!
次観る時はちょっと意識して観よう…。


さて、最後に久々に公式サイトから。
著名人のコメントが掲載されています。
綾野剛くんからもコメントが。
中村先生ファンなのですよね。

この映画が色々な人に届くといいな。

拍手[0回]

[最後の命・柳楽優弥]ラジオ出演&プラスアクト(追記!)

さぁ、いよいよ露出ピークに向かいそうです。

ありがとう浜村淳ですと「別冊プラスアクト18号」を媒体情報に追加しました。(追記)
さらに週刊現代にもインタビューがあるようです。
公式----!!!!


そして見逃してしまったTOKYOMX放送分がTOKYOMXのyoutubeチャンネルで
公開されてました!
嬉しいー!

拍手[0回]

[最後の命・柳楽優弥]矢野くんのインスタ

矢野くんがインスタグラム始めたようで、そこに
柳楽くんとの写真が載ってました

って、あれ?
これもしや柳楽くんはお着替え前か後の私服??
この方が似合ってた可能性…大!(モユル風)

拍手[1回]

[信長協奏曲・柳楽優弥]週刊朝日ドラマ批評

ドラマ評論家 小栗旬主演『信長協奏曲』を「月9らしい華やかなドラマ」
※週刊朝日  2014年11月7日号より抜粋だそうです。

(前略)
信行の謀反は、信清が援軍として駆けつけたことで、サブローの逆転勝利で終わる。信行と勝家を、サブローは一旦許すのだが、自身の面子のためにあとに引かない信行は、サブローを殺そうとする。しかし家臣に取り押さえられて切腹することになる。取り囲む家臣たちに「お見事」と賞賛される中、信行が腹を切る場面は柳楽の怪演もあって、実に凄まじい。現代人のサブローが、命に対する価値観がまったく違う武士の世界に放り込まれてしまったことが表現された、第1話最大の見せ場だ。
(後略)

またまたいい感じに取り上げてくれていました。
ありがたやーー!

拍手[2回]

柳楽優弥公式系リンク

プロフィール

HN:
メグ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
柳楽優弥をwebの片隅から応援中

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新CM

[02/28 メグ]
[02/27 まゆ]
[12/15 メグ]
[11/15 みいや]
[11/15 ゆずてん]

アーカイブ

メールフォーム

メグ宛てのメールはこちらから!お待ちしてます♪

ブログ内検索

バーコード