忍者ブログ

[響HIBIKI]監督の柳楽くんコメント

出番が少ないので、あまり情報もないのですが、月川監督が
柳楽くんについてのコメントを出してくれたのでピックアップ。


読んだ時は正直、半分「ネタバレされたー!」(原作にはないセリフだったので)
という感じもあったのですが笑、でも監督があのセリフを指示した訳ではなく、
かつ監督がどう受け止めたのかがわかってよかったです!

私は以前から柳楽くんは「計算しないで演じるタイプだと思う」と書いてきましたが、
今回もこれ「狙って言ってる」訳ではないと思うんですよね。
田中の気持ちになって言ったら、結果的にああいう言い方になったのかなぁと。
計算してうまく演じてる演者さんもいますが、私は個人的に計算しないタイプの
演者さんが、柳楽くんに限らず好きです。

あの「心が震えたよ?」という半疑問系の言い方は、「で、あなたはどうなの?
読んで感じてみなよ」という問いかけでもあって、深いなぁと思います。

今回のてちも何も狙ってなく、ただただ「響としてそこにいた」結果でしか
ない感じがとても好感もてました。

柳楽くんの出演は10分ないぐらいですが、それでもきちんとキャラクターができていて
役割を果たしている安定感は頼もしくなったなーと思います。

気づけば後輩とのお仕事、増えてますね(*´ω`*)

拍手[6回]

PR

[響・柳楽優弥]特番「映画『響 -HIBIKI-』公開記念 革新的な2人のヒロイン」

こちらも早くあげなくてはー!とここまでは気力で書く!

target="_blank">特番「映画『響 -HIBIKI-』公開記念 革新的な2人のヒロイン」情報
札幌テレビ放送 9/10(月)26:44~
(※変更の可能性がございます)
青森テレビ 9/15(土)11:15~
テレビ岩手 9/8(土)10:00~
東日本放送 9/14(金)25:34~
秋田放送 9/8(土)15:00~
さくらんぼテレビ 9/8(土)11:15~
福島放送 9/8(土)10:45~
新潟テレビ21 9/7(金)25:25~
長野朝日放送 9/22(土)15:00~
静岡第一テレビ 9/13(木)25:34~
山梨放送 9/15(土)14:30~
読売テレビ 9/14(金)26:08~
広島テレビ 9/10(月)26:34~
西日本放送 9/16(日)26:55~
日本海テレビ 9/12(水)26:05~
山口放送 9/16(日)16:25~
南海放送 9/12(水)25:35~
高知放送 9/12(水)25:24~
中京テレビ 9/11(火)26:29~
北日本放送 9/8(土)25:00~
テレビ金沢 9/8(土)26:41~
福井放送 9/12(水)26:34~
福岡放送 9/12(水)26:34~
長崎国際テレビ 9/22(土)13:00~
熊本県民テレビ 9/22(土)14:25~
大分朝日放送 9/17(月)10:00~
鹿児島テレビ 9/17(月)16:20~
宮崎放送 9/9(日)15:00~
琉球朝日放送 9/15(土)17:00~

かなりの放送局でやります!!!そして珍しく東京がないようです。
たまにはこういう逆もあるとフェアですよねw
でも東京の人ももちろん観たいので、DVD化の時とかに入るといいなーと淡い期待をしつつ…。
新潟で既に放送があったのですが、そちらを観た方から、柳楽くんのメイキングと
メッセージもちょっとだけ流れたという報告お聞きしたので、録画おすすめです!

何より札幌が早く復旧をして落ち着いて、無事明日深夜放送があるといいのですが(願)



拍手[9回]

[響-HIBIKI]予告解禁、ポスタービジュアル公開、前売り券一覧

なんと響も動き出してきたー!
あっちこっちも大変!!!(嬉しい悲鳴)

まずは響の予告。



59秒辺りの台詞は柳楽くんですよね?
1:07も台詞とタバコふかす柳楽くん。「天才気取りの作家」w
1:14に蹴飛ばされてる柳楽くん。

という訳でもうちょっと出番少ないかなと思いきや
意外と話の軸に絡んできそうですね。


こちらが特報版。

そしてポスタービジュアルはこちら
こちらはさすがに柳楽くんいなかったかー。

後は公式サイトがリニューアルしてますが、イントロダクションのところに
鼻に手当してる柳楽くんも。

なんというか、柳楽くんが出ると時々主役食っちゃう勢いの存在感出ちゃう時があるけど、
この「響」は間違いなくてち(平手友梨奈)の映画になること間違いないなーと
確信してます。こんなにエキセントリックな女子高生役もないし、それをこんなにも
体現できちゃう人も(年齢的なマッチ含め)いないと思うので、スクリーンで早く衝撃
受けたいです(*´ω`*)

という訳で前売り券の販売劇場一覧はこちら


拍手コメレス
みさん>うう、なかなかレスできてないのにコメントありがとうございます( ;∀;)
直虎の時はニアミスな感じでがっつり共演できなかったのが心残りだったので
まさかの銀魂で共演できるとは嬉しい誤算でした!
土方からのトッシーの振り幅、しゃべり方も含めて2倍楽しめそうですよね♡
隊服、言いたいことわかります!ほんっといいですよね~(*´ω`*)


拍手[7回]

[響HIBIKI]クランクアップ、公式サイトオープン、柳楽くん役名判明

今日はこの記事アップしたら寝ます。
JRA関連手を付けたら寝る時間なくなるのですみません…。

響は6月3日にクランクアップしたようです。
そして公式サイトができました。

キャラクターのページを見ると

田中 康平 【柳楽優弥】
響と同じタイミングで木蓮新人賞を受賞した青年。響に挑発的な態度をとる。

とあります。
この田中康平、原作の4巻から出てきます。

「自分は優秀。周りが気づいてないだけ。もしくは自分が本気出してないだけ」
というやな奴ではあるんですが、このブログでも過去何度か書いているように
20代前後(というか社会に出て1~3年)の男性に割と多いタイプだと思ってます。
10代のころには親に対して反抗していたのが、社会に出ると社会に反抗する時期が
ある人っているんですよね。

ジャニーズの人たちとかを見てても、大体20歳前後に1回
「あ、今社会に対して反抗してるなー」っていう時期がありますw
今はNEWSZEROであんなにも黒髪スーツでやってる櫻井くんも茶髪ピアスで
すごいオラオラのRAP歌詞書いてましたしねw
で、私はそれ全然悪いことだと思ってなくて、むしろいいことだと思っていて。
多分その社会に対する反抗から野望って出てくるものだと思うので。
櫻井くんも「アイドルなめてる大人たちを見返してやる」っていう気持ちで
20代前半は突っ走ってきたし、実際それで見返した部分もあると思うんですよね。

柳楽くんも18、19歳辺りはそんな感じをプンプン匂わせてました。
恐らく本人的には黒歴史となりつつあると思うので、詳細触れませんし、
私も当時のその辺に触れたブログ記事はもう非公開にしちゃいましたけどw
でもその頃の「世間に認めてもらえなくて悔しい」っていうのが今も原動力に
なってるんじゃないかなーと思うんです。

話がそれましたが、そういうリアルな役なので、記号化された悪役より
ある意味難しいし、やりがいもある役なのではと思います。
ちなみに原作では台詞ではっきりと「185cm」という設定があるにも
関わらず、身長当てはまらない柳楽くんがやることになった経緯、
ちょっと興味深いです。インタビューとかで監督がお話してくれないかなぁ。

出番はそんなに多くなさそうですが、楽しみです!

拍手[7回]

[響 HIBIKI]出演決定

まだかまだかと待っている待機作ではなく、新しいのがきました!

平手友梨奈が映画初主演 実写映画『響』に北川景子、アヤカ・ウィルソンら
柳本光晴の漫画『響~小説家になる方法~』が実写映画化され、『響 -HIBIKI-』のタイトルで9月14日から全国東宝系で公開される。
(略)
圧倒的な文才を持ち、自分の信念に正直で破天荒な一面も持つ主人公・響役を演じるのは、映画初出演で主演を務める平手友梨奈(欅坂46)。響の才能を見出す若手編集者・花井ふみ役を北川景子、自身も小説家を志しながら響の才能との差に苦しむ文芸部の部長・祖父江凛夏役をアヤカ・ウィルソンが演じる。

さらに高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生(M!LK)らがキャストに名を連ねる。監督は『となりの怪物くん』『センセイ君主』の公開も控える月川翔。脚本は『とと姉ちゃん』や『TIGER & BUNNY』などの西田征史が手掛ける。撮影は4月下旬から5月にかけて都内近郊で行なわれる予定。

欅坂46の平手友梨奈が映画「響 -HIBIKI-」で初主演 北川景子も出演
原作の『響~小説家になる方法~』は、14年から『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載されている柳本光晴氏の作品。物語は、圧倒的な文才を持つ15歳の少女・鮎喰響が文芸誌の新人賞に作品を送ったことからはじまる。スマートフォン・SNSの普及により、活字離れが急速に進んで出版不況の文学界。そこに突如に現れた、響の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるものだった。そして、自分の信念に正直で、破天荒な一面を持ち合わせる彼女がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、さまざまな人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく。

この最後の辺にある「過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家」が演じる役なのでしょうか?


これから撮影で9月公開!早!!

公式サイトはこちら

月川翔監督は「君の膵臓を食べたい」の方なんですよね。
すごく画作りがきれいだったので、楽しみです!
そして、脚本は「魔王」「おっぱいバレー」「信長協奏曲」などの西田さん。
なかなか楽しみな布陣です!

景子ちゃんとの共演はLADY以来、かな。
久しぶりだなぁ。(一緒のシーンあるかわからないけどw

とりあえず何の役なのかが気になるー!

原作はこちらで2話分だけ試し読みできます
そういえば、また「本」の作品だなー。

今年は、後半ヤギラー大忙し、になりそうですね\(^o^)/

拍手[9回]

カテゴリー

柳楽優弥公式系リンク

プロフィール

HN:
メグ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
柳楽優弥をwebの片隅から応援中

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新CM

アーカイブ

メールフォーム

メグ宛てのメールはこちらから!お待ちしてます♪

ブログ内検索

バーコード