忍者ブログ

[まれ第93回・柳楽優弥]大輔くん、優しさとせつなさと心強さとーの巻

タイトルのネタ通じるのは何歳までだろう…w
冒頭ちょっと変えてますが。


さて、一子に真っ向勝負を挑まれた希は落ち込んで圭太に電話をしています。
それに対し圭太は「いや…。何言うてやればいいがか、分からんげ」と戸惑います。
待てま! 今、何かいい事言うさけ」と焦っていると、希の部屋をノックする音が。

ん? あっ、誰か来た。ちょ、ちょっと待ってや」と立ち上がり、
そこからは圭太の画になるのですが、電話を通じて声が聞こえます。
よ! コーヒー飲まない?
はい?
いただきまーす
えっ、ちょちょちょっ!
電話中?
うん、圭太と
と、大輔どうやら電話口に向かって圭太へメッセージをww
奥さんのピンチに電話ですか!
は?」慌てる希。
駆けつけてこないんですか!
ちょっと!」と希がとめるも、当然圭太はムッと中。
ここで希の方に切り替わります。
ようやく大輔くんの姿登場!!ほんと大輔くん声インが多すぎる。
声がいいからってさぁ(*´∀`*)←結局転がされてるw
後ろからおろおろしながら背中トントンしてついてくる高志もかわいい…。
どうせさ、大したアドバイスもできないんでしょ?
高志と俺でさ、相談に乗るからさ。ご心配なくね!
また画面が圭太に切り替わると、立ち上って
今考えとるとこや!
とムキになってますw
希は「圭太も相手にせんとー」となだめますが、
そもそも大輔ももう圭太は相手にしてなくてw
真面目なトーンに切り替わってます。
俺さ、希ちゃんへの挑戦だけじゃないと思うんだよね
ん?
だってさ、一子ちゃんって今、アパレルで大活躍してるんじゃなかった?
そのはずだけど…
アパレルで忙しい人が、あんなに熱心にスイーツブログ書く暇あると思う?
話しながらも着々とケーキの準備しています。
心の中に色々な考えが巡り集中している希。
圭太が
今俺が、夫として、まんで役に立つアドバイス、考えとるさけな!
と叫びますが、それを聞いてるのは高志っていうねww

大輔と希の間にはシリアスな空気が漂い続けます。
何か事情があるんじゃないのかな、彼女
事情…

-----------------------------------------------------------------

私、本当ーーーーにずっと不思議なんですけど、
この脚本って意図的に圭太より大輔をいい男として描いてますよね。
今回も、「物理的にも遠くに住んでいてアドバイスが出てこない圭太」と
「物理的にもすぐフォローできるところにいて、的確なことを言ってくれる大輔」は
明らかにわざと対比して描いていて。
それにも関わらず、前者の圭太と結婚させたという物語の構造は絶対意味があると
思うんですが、それがなんなのかが未だにわからないのです。
最終回まで見ればわかるのかもしれないですが、そこまでもたない気がするので
できれば横浜編で「だからかー!」って思いたいところなのです^^;

ただ、大輔にしろ、一子にしろ陽と陰の2つの面を持っている人物は心情も含めて
丁寧に描かれる傾向があるので、脚本家さんがこういうタイプを描くのが得意な
だけかなぁとも思います^^;
でも、であれば、なおさら大輔でよかったんじゃない?とも思いつつw

で、大輔くんですが。
きっと圭太に会えなかった2年半もこうやってつかず離れずフォローしてたんだろうなぁと
思うとちょっと切なくなります。1人で部屋を訪れてしまうと「深すぎる」ので敢えて
高志を連れてきたり…。あと、おそらく敢えて「コンビニのケーキ」買ってきてる気がするし。
優しいし、切ない・゚・(ノД`)・゚・

今回は「電話中?」っていうトーンがツボでした。
気遣いセンサー働き中って感じで。
結果圭太だったので挑発モードインでしたがw

拍手[45回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

たぶん

恋愛もののお約束「本命より魅力的な当て馬が現れるけど、ヒロインは結局魅力的な方を振り最初からの愛を貫く」と
朝ドラお約束「ヒロインが結婚しても、困ったときには駄目な旦那に代わって当て馬が全力フォローしてくれる」の
ハイブリッドなのではないかと思いますw脚本の意図的には、おそらくw

あと「間に入る男出現?で可愛らしく嫉妬し動揺する夫」もわりと必須アイテムなので、
どっちが夫として危機感を感じるかというと圭太より大輔がちょっかい出してきた時だと思うんですよw
さらにかるーく可愛ーく嫉妬できるのも圭太夫で大輔当て馬の場合かと。
大輔夫だと圭太に嫉妬するのがおもーいせつなーい感じになってしまう恐れがw
結婚したのに希浮気か!大輔心配させんな!とか言われそうですしw
とまあ構造考えてみるとこんな感じではないかと勝手に推測しております。


けどまあこれから圭太も成長すると思うんですよね、今よりは。
一子の件も、一子は圭太に何も言っていないですから。希にばっかり牙剥いてますから。
圭太にとっては一子が都会でやさぐれちゃったようにしか思えないでしょうし。
今のところ誰も激情を圭太にぶつけてないので、成長するのはこれからなんでしょう。


……まあ大輔旦那で良かったですよねw
  • きゅうた
  • 2015/07/16(Thu)01:13:43
  • 編集

無題

前日のインパクト大の目線が
今日の行動につながるわけですね〜にくいな!
事情を抱えてるってピンときていた大輔さん。
高志連れてくるさりげない配慮も最高ですね。
大輔さんと比べると圭太は子どもですね〜
あーかっこいい!!
  • sc
  • 2015/07/16(Thu)01:52:09
  • 編集

さすが大輔さんっ

この回も本当に細やかな気遣い溢れる大輔さんがいましたー!
メグさんの言う通り、2年半の間もずっとそんなふうに希ちゃんのそばに付かず離れず寄り添ってたのかと思うと、心痛いです
(T_T)

どんな形であれ、最終的には大輔さんが幸せになって、笑顔で終わって欲しい。。。
希ちゃんと桂太くんの行く末よりもそっちの方が気になって仕方ないこの頃です。
  • クルミマム
  • 2015/07/16(Thu)12:34:46
  • 編集

タイトル

めっちゃ分かりますよー!笑
わたし…まさにこの世代でしたー!笑

関係ないコメントですみません…
  • みみこ
  • 2015/07/16(Thu)23:03:46
  • 編集

きゅうたさん、scさん、クルミマムさん、みみこさん

きゅうたさん>今までの朝ドラでどういう描かれ方をしたのがわからないのですが、「最初からの愛を貫く」にしても、普通はそれなりに納得する描かれ方をするんじゃないかなぁと思うのですが、そんなことはないのでしょうか^^;
ここまで敢えて対比させてダンナを下げて、当て馬をあげなくても…と思ってしまいます。
(いやヤギラー的には、大輔派的には嬉しいのですがww物語の構造として)
今のところ可能性としては、まさに「圭太の成長」かなとは思うのですが、そうだとしたら、結婚後から成長ベクトルを見せないと視聴者にはどっちに舵きってるのか伝わらないと思うんですよね。
>大輔夫だと圭太に嫉妬するのがおもーいせつなーい感じになってしまう恐れがw
これは確かにありますねww
まぁ大輔派である限り、なぜ…!は尽きないのかもしれませんw

scさん>前日の意味ありげな顔はやはり、色々読み取っていたのですよね。
いつでも冷静で俯瞰で見ていて大人だなぁと思います。
それだけに、孤独も感じてしまうのかなとか思ってしまったり…^^;
幸せになってくれるといいなーと思います。

クルミマムさん>ですよね!私も大輔くんが最終シーンでどういう描かれ方をして
フィニッシュするのか気になってしょうがないです。
でももしかしたら普通に登場人物の1人としてフェードアウトしちゃうのかもしれないですが><
できれば「あ、大輔は大輔で幸せになるんだろうな」ってわかるといいですよね~。
あんなに気遣いができて、優しいんですから、ね。

みみこさん>うひゃー!嬉しいですwそこに反応いただけてw
ではざっくりと近い世代かもしれませんw
  • メグ
  • 2015/07/17(Fri)00:11:15
  • 編集

今更だし長文なので

レスしていいものか悩んでたんですけど、大輔が尽くすターン続きそうなのでw

今までの朝ドラで言えば本命と当て馬は上手く「どっちも魅力的」に書いてました。
じゃあどう当て馬との関係を対処してたかというと
・ヒロインが鈍すぎて当て馬の気持ちに気が付かない(花アン)
・ヒロインは鈍く旦那とバカップルなうえに
 たまに当て馬がヒロインの為に行動しようとすると何故か神様が邪魔し
 結局ヒロインが当て馬の行動すらに気が付かない(ごちそうさん)
とか
・当て馬ともきちんとおつきあいしてたけど、生きる道(仕事の方向)がどうしても異なり
 両思いなのに「苦しめたくないから」ヒロイン振られる⇒翌週(作内では時間は経過)幼馴染みと結婚(梅ちゃん)
てのもありましたか。
まれは「誰もが結婚相手だと思っていた魅力的(個性的)な男性といきなり別れもう一方と結婚」
という意味で梅ちゃん先生の名前が挙がりますねw


今こうやって並べてみると、旦那より当て馬の方に脚本家が割と注力していたような気もしますw
(例外もありますが、「最初から決まっている」旦那よりやりたいことがやれるみたいでw)
旦那は割と「ベタ」な感じに書かれやすいんですよね。その分当て馬でやりたいことやるのかも。
じゃあ圭太はといいますと、「幼馴染」「喧嘩相手」「仕事をともに高め合える」
という意味では朝ドラ旦那のベタ要素は満載なのかなと。
なのになんで他の要素があんな感じなのかというと、多分脚本家の方が「ダメンズ萌え」だからかとw

こんなに魅力的な大輔が希を支えちゃってる!これはヤバいよ!どうする圭太!
せっかくだからもっと大輔に萌え要素いれてみたよ!きっと皆萌えるよ!頑張れ圭太!
みたいなw
  • きゅうた
  • 2015/07/22(Wed)02:06:58
  • 編集

きゅうたさん

そうそうそう!そうなんですよ。
どっちも魅力的に描くならよくわかるんです。
圭太をなぜあからさまに「使えない男」として描いているのかが謎で。
でも、同じ陽のキャラクターである希も一子や陶子はじめ周りにウザキャラとして
突っ込まれているので、脚本家の中で陽のキャラクターはそういう位置づけ
なのかなーと思ったりしました。
で、陽と陰の両方を持っている一子と大輔は陽のキャラクターと結ばれないって
ことなのかなと。
でも、まだ2か月ありますし、能登編になっていきますし、
多分(残念至極ですが)大輔はフェードアウトするし、そこから圭太の株があがっていく
のかなという気もします。っていうか、そうならないと大輔派は成仏できませんw
(問題はその頃も私は観続けてるのかってとこですがww)
  • メグ
  • 2015/07/22(Wed)22:39:49
  • 編集

柳楽優弥公式系リンク

プロフィール

HN:
メグ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
柳楽優弥をwebの片隅から応援中

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[10/13 メグ]
[10/13 メグ]
[10/13 くぬぎ]
[10/11 えーご]
[10/09 くぬぎ]

アーカイブ

メールフォーム

メグ宛てのメールはこちらから!お待ちしてます♪

ブログ内検索

バーコード