忍者ブログ

[爆心 長崎の空]DVD発売!

本日2つ目の記事です。

いやー、よかった!無事発売されて。
音沙汰なかったので、発売されなかったらどうしよう…と金閣寺の時に
ヤギラー友さんと話していたところだったので。


爆心 長崎の空 DVD-BOX
amazonでは探せなかったので、とりあえず楽天市場のこちら。
2014/8/2発売だそうです。
なるほど。
長崎原爆の日の近い日にしたのですね。
とても納得です。

しかし…特典DVDがついてくるって、以前売り出したメイキングDVDですよね…。
そうきたかー。
いや、そうくるかもとは思ってましたけど…。
はぁぁぁ。

ちなみにメイキングDVDの当時の感想はこちらです。
参考まで。

拍手[0回]

PR

[爆心 長崎の空]上映館増えたようです

以下公式のフェイスブックより。
今週末9月14日(土)から、2か所上映がスタートいたします。
石川県の金沢コロナシネマワールド
広島県の福山コロナシネマワールド
の2館です。

10月5日(土)からは、山形県のMOVIE ONでも上映がスタートいたします。そして、お待ちかねの日向寺監督の出身地・仙台では11月頃に桜井薬局セントラルホールで上映していただけることになりました!
まだ詳細の日程がでておりませんが、たくさんの方にご覧いただきたいです!!

拍手[0回]

[爆心 長崎の空]キャスティングの衝撃の事実…!

監督のインタビューを読んでびっくりしました。

「苦難に見舞われた時、一生懸命に生きていく人に惹かれるんです」 『爆心 長崎の空』日向寺太郎監督インタビュー

――柳楽優弥さんもとても良かったです。

「彼に関しては、アメリカの有名なアクターズスクールに柳楽さんが短期留学するという番組をBSで放送していて、それを偶然見たんです。最初は柳楽さん久しぶりだなという軽い感じで見ていたんですが、番組の中の彼は取り組み方が真摯ですごく良かった。演技の勉強をせずに俳優の世界に入ったけど、ちゃんと演技をしたいんだというようなことを言っていて。これはいいんじゃないかと思いまして次の日にはプロデューサーに相談してすぐにオファーしました」

――それも、すごい縁ですね。

「その日にその放送を見なければ別の人になっていた可能性はありますね。彼の変わろうとしている姿に心を打たれました。実際会ってみたときもそういった印象でした。彼は人柄も本当に素晴らしいんです。(後略)」


……な、な、なんと!日向寺監督はあの「旅のチカラ」を観てオファーしてくれてたんだ…!!

やっぱり、1つの仕事って次の仕事につながっているし、
頑張っている姿っていうのは誰かが見てくれてるんだなと。

嬉しいなぁ。

拍手[2回]

[爆心 長崎の空]初日舞台挨拶スターダスト公式レポ 追記あり

昨日は出張でしたー。
ということで1日遅れですが。

柳楽優弥 映画「爆心 長崎の空」初日舞台挨拶!
上映後の舞台挨拶で柳楽は、「こんにちは。勇一役を演じさせて頂きました、柳楽優弥です。出演者の1人として、今日初日を迎えることが出来たことを嬉しく思います。ありがとうございます。」と挨拶。

撮影中の思い出として、「勇一の住んでいる小屋のセットがあまり綺麗とは言えない感じなのですが、僕はすごく好きでした。そして役との共通点も多く、その 分 感情移入することが出来ました。夏の設定で撮影をしていたのですが、撮影中に雪が降ったこともあって、すごく寒かった記憶があります。」と語った。

こちらに正しいレポ(笑)が載っています。
冒頭の挨拶とか、私の記憶と全然違うし!!!
ほんとにね…すみません。
あまり私のレポは信用しないでくださいまし…。

そして嬉しいニュース。
出口調査を実施。宮崎駿監督新作『風立ちぬ』の反応は?
「ぴあ」調査による7月20日に公開された映画・満足度ランキングは、宮崎駿監督、5年ぶりの新作『風立ちぬ』がトップに輝いた。2位に北乃きい、稲森い ずみ、柳楽優弥らが出演した『爆心 長崎の空』が、3位にフランク・シナトラの名曲を作ったクロード・フランソワの伝記映画『最後のマイ・ウェイ』が入った。
(中略)
2位の『爆心 長崎の空』は、青来有一原作の連作短編小説『爆心』が原作。長崎で生きるふたりの女性を軸に描かれる希望の物語。アンケート調査では「心が震えた。日本人 として原爆を考えなくてはならないと強く思った」「長崎の歴史と今を生きる人たちの生活を繋げて描いたストーリーがよかった」「原爆の恐ろしさを戦中の視 点ではなく、その後の人々の生活から描いていて、21歳の自分にも伝わるものがあった」などの声が寄せられた。

風立ちぬに続いての2位!
おめでとうございますー!!

--------------------------------------------------------------
追記

こちらにも記事と写真見つけました。
映画『爆心 長崎の空』初日舞台挨拶
アジアエンタメLIFE

拍手[1回]

[爆心 長崎の空]初日舞台挨拶@東劇 追記あり

こんばんは!
行って参りました、東劇。

記事もぼちぼち出てきてますね。

被ばく3世演じた北乃きい、感極まり涙…映画「爆心 長崎の空」初日
北乃きい、主演作「爆心」東京初日に感極まり涙「特別な気持ち」
北乃きい、稲森いずみら涙の訴え 原爆被害「後世に伝える」
北乃きい、壇上で涙…爆心地の物語を熱演

画像はこの辺でしょうか。
http://www.sanspo.com/geino/photos/20130720/oth13072015440017-p5.html
http://eiga.com/news/20130720/11/2/
http://eiga.com/news/20130720/11/2/2/

-----2012/07/20 23:33追加-----
動画を見つけました!
ただし、きいちゃん&稲森さんメインなので、柳楽くんは冒頭10秒横に映ってるのと
ラスト数秒フォトセッションのところで映っているだけですが
北乃きい、主演映画の公開初日に涙
後は小さいけど一応写真も追加。
http://news.econdir.com/News/photo_news/p-1689199/
-----2012/07/20 23:33追加-----

ということで、今回は濃い目のグレースーツにワインレッドのような色のシャツでした。
お顔も完成披露よりまたちょっと痩せたのではというぐらいシュッとしてました。
当摩の頃よりちょっと髪の毛が伸びててそのラフさがちょっと愛おしい感じでした(笑)

前回は一番右端に立っていたのですが、今回は
監督 きいちゃん 稲森さん 柳楽くん 宮下さん 池脇さん 小曽根さん 小柳ゆきちゃん
という感じで並んでたので、なんだか舞台中央にちょうど柳楽くんが立つ形になって
意味なく主演っぽいオーラが出てました(笑)

で、なんだか進行の仕方が気になってしまって今回いつも以上に記憶がふっとんでいるのですが…
最初の挨拶は
「勇一役の柳楽優弥です。このような作品に関われたことを誇りに思います。
今日はありがとうございます」
というような感じだったような(汗)
もちろん、ここに書いてある文字を読むようにスラスラではなく「このような……作品に……」
みたいに言葉を探しつつのいつもの柳楽節です。

で、他の方の挨拶の時もいつものように緊張して下を向いているか、たまーにナナメ上を見るか
だったのですが、今回は、小曽根さんとゆきちゃんの時は割とちゃんと顔を向けていた印象です。

おそらくこの2人は現場でご一緒していないので、純粋にお顔を見たかったのかなーと。

で、一通りの挨拶の後に今度は個別の質問になるのですが、柳楽くんは
「お気に入りのセットがあるそうですが」に対して
「あ…そう…ですね。あの、勇一の小屋が気に入ってました」
「どの辺りが?」
「あの……あんまり……こう…おしゃれじゃない(観客笑)……そういう感じがいいかなと思ってました」
というのと、
「勇一役は柳楽さんと似てるところもあるのではと思いますが」
「そうですね。(この辺りちょっと記憶あやふや)感情移入はしやすかったと思います」
という2つだったかなーと思います。

前回より考え考え、朴訥に話すので、会場全体が見守ってる雰囲気がしたような気がしました。
(ヤギラーの思い込みの可能性も大・笑)

ちなみに、この後は隣の宮下さんに「撮影中のエピソードは」というような質問があったのですが
「暑かったか寒かったかすら記憶にないんです」っていう回答で会場に笑いが起こったのですが、
この時は一緒になって笑ってました。檀上で一緒に笑う(ニヤリ程度ではなく、はっきりとした笑顔
で笑うレベル)は珍しいなーーと思って、ちょっとほっこりしました^^

ちなみにフリートークがあまり得意ではない俳優さん達がポツポツと話す中で
ダントツにお話がうまかったのは小曽根さんでした。
やっぱり世界でステージの場数踏んでる人は違うものですね~。
演技をじゃましないような音楽にするように気を付けた、とか
試写を含め何度か見ているけれど、今日劇場で一般のお客さんと一緒に観たら
感動がまた全然違った、やっぱり映画は映画館で観るべきと思った、とか
お話する内容も素敵なものでちょっとファンになりました。

というか、前回の映画の感想で触れなかったのですが、音楽は本当に素敵です。
元々私ピアノが好きなので、ピアノBGMは琴線に触れやすいのですが、
メイキングを観るとわかるように、完全にアフレコなので画と素晴らしくマッチ
してるんです。
今度小曽根さんのCD買ってみようかな。

話が横にずれました。

その後小柳ゆきちゃん以外は一旦はけるのですが、その時はちゃんと柳楽くんはぺこんとお辞儀!
そしてゆきちゃんが、完成披露と同じく生歌で「ひまわり」を披露。
ものすごく小さいのにものすごくパワフルで、歌の力が伝わってくる歌い手さんなんだなぁと
改めて思います。

その後また登壇者が戻り、またちょっとした一問一答がありました。
柳楽くんは
「何かハプニングとかありました?」
で、
「…ハプニングではないんですが……小屋で撮影している時に…雪が降ったりなんかして…
寒かったです(会場笑)ハプニングではないんですけど、はい」
というような回答をして、ここでもちょっと笑いが起こってました(^^)

ここでの一問一答が終わるとフォトセッションになり、最後は退場となりました。

調子のいい言い方でごまかさず、言葉を選んでるポツポツとしゃべる柳楽くんは
見る度になごみます。

今のビジュアルとっても素敵なので、ぜひ次の作品お待ちしておりまーす!(貪欲!)



拍手[1回]

カテゴリー

柳楽優弥公式系リンク

プロフィール

HN:
メグ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
柳楽優弥をwebの片隅から応援中

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新CM

アーカイブ

メールフォーム

メグ宛てのメールはこちらから!お待ちしてます♪

ブログ内検索

バーコード